Mẫu

AREA_NAME 関 東 PREF_NAME 東京 都 RECIPE_NAME 江 戸 雑 煮 RECIPE_HEAD

江 戸 時代 か ら 受 け 継 が れ る 東京 の 「江 戸 雑 煮」。

そ も そ も 雑 煮 は 、 室町時代 の 京都 や 大阪 、 将軍 様 の 行事 や 階級 の お 祝 い 事 例 え ば 婚礼 な 宴会 出 のた は から から から いわ ​​その た た が が でし 年神 が 年神 ため ため し し を 餅 し を 行い 行い 行い 行い 行い 行い 行い 行い 行い 行い}と で 煮 て 様 と に に に に に に 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 と 全国 全国 全国 と と 全国 全国 と 全国 全国 的 ​​的 的 で で で で 的 的 的 で で が ー 的の 関 西 や 四 国 の 一部 と 、 小豆 (あ ず き) 汁 の 島 根 鳥取 の 一部 一部 で

江 戸 で は, 上方 か ら 入 っ て い た 醤 油 (う す 口) が, 元 禄 時代 (1600 年代 後 半) に は 下 総 の 野 田 と 銚 子 で も 作 ら れ, 関 東 醤 油 (濃 口) と し て 庶民 に 広 ま り, 食 を 豊 か に し て い き ま し た.ため ため 雑煮 醤油 用い 用い まし まし 汁 小 小 具材 小 焼い た 角餅 た 角餅 基本 だし 上品 て 基本 だし 基本}ま で 健 や か に 」と い う 願 い を 込 め て 、 え び を 入 る こ と も あ り ま す

RECIPE_HEADEND MATERIAL_TITLE MATERIAL_HEAD VẬT LIỆU_1

·角 餅 4 個

·車 え び 4 尾

·鶏 肉 80g

·小松 菜 120g

·か ま ぼ こ (紅白) 各 4 切 れ

·ゆ ず の 皮 適量

·み つ ば 適量

VẬT LIỆU_2

す ま し 汁

·だ し 汁 900ml

·し ょ う ゆ 小 さ じ 1

·塩 小 さ じ 1

MATERIAL_FOOT
HOWTOMAKE COOKING1 COOKING2

車 え び は 背 ワ タ を 除 き 、 鶏 肉 は 食 べ や す い 切 る。 れ ゆ

車 え び の 胴 の 殻 を む く。

 

小松 菜 は 塩 ゆ で し 、 水 気 を し ぼ っ て 4cm 長 さ に 切 る。

NẤU ĂN3 NẤU ĂN4

角 餅 は 、 オ ー ブ ン ト ー ス タ ー な ど で こ ん が り と 焼 く

 

鍋 に す ま し 汁 の 材料 を 入 れ て 煮 立 て る。

COOKING_IMG COOKING_COMMENT

器 に②③と か ま ぼ こ を 盛 り 付 けを 注 ぎ 、 ゆ ず の 皮 と み つ ば を 添 え る。

COOKING_IMG POINT_START

·だ し 汁 は 、 昆布 と か つ お 節 で と る 一番 だ し を 使用 す る と

よ り 美味 し く 召 し 上 が れ ま す。

·角 餅 を フ ラ イ パ ン で 焼 く 場合 は 油 を ひ か ず に 弱 焼 い て く さ

POINT_END